金剛力士(こんごうりきし) 仁王像



寺の門を守る一対の武神。仁王ともいう。

口を開いて「ア」と声を発する阿形(あぎょう)像。

「ウン」と口を閉じた姿の吽形(うんぎょう)像 の二体。

阿吽(あうん)の呼吸で寺の境内を邪悪なものから護っている。

金剛力士像(仁王像)のイメージ


普通は、寺門(仁王門)の左右に配される。

一番古いもので「法隆寺中門の塑像」711年に造られた。
380僂竜霑は、迫力に満ちている。