神奈川県国宝 円覚寺 舎利殿 (えんがくじ しゃりでん)

鎌倉五山2番目のお寺  臨済宗円覚寺派大本山

円覚寺は、鎌倉時代後期、1282年北条時宗が創建した。
円覚寺
(えんがくじ)には、国宝として「舎利殿」(建造物)と「梵鐘」(工芸品)が指定されている。

円覚寺舎利殿と正福寺地蔵堂は関東でも数少ない国宝建造物であり、鎌倉建築と言われている禅宗様式の建物である。
円覚寺舎利殿は公開日が決まっているためチェック必要。

円覚寺について もっと詳しく⇒ 

 


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
国宝円覚寺舎利殿 特別公開 11月1日〜3日
正面内部まで入場できる
500円 (重文宝物公開とあわせて)
1月 5月にも公開日あり

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 



円覚寺リンク


・円覚寺公式ホームページ

・国宝円覚寺舎利殿探訪記
・国宝円覚寺梵鐘探訪記




円覚寺へのアクセス


場所:神奈川県鎌倉市山ノ内409
TEL 0467-22-0478
交通 : JR横須賀線 北鎌倉駅 すぐ前
拝観料: 300円
駐車場20台 600円/時

 



円覚寺おすすめガイドブック

 

 

関東・信州の名刹10に絞って きれいな写真で解説
1.浅草寺 2.増上寺 3.築地本願寺 4.柴又帝釈天 5.成田山
6.建長寺 7.円覚寺 8.高徳院 9.久遠寺 10.善光寺