奈良県国宝 室生寺(むろうじ)国宝建造物3


山寺(やまでら)
「女人高野」とも呼ばれ、高野山が女人禁制だったのに対し、女性の参詣が許されていた。奥の院までの階段は長いですが、是非階段をあがって奥の院まで行きましょう。


国宝建造物3件
1.室生寺 五重塔 (奈良時代)
平成10年台風の強風で50mの杉の巨木が倒れ大被害をうけた。平成12年修復が完了。




2.室生寺 金堂 (平安時代)
屋根は寄棟造、柿葺き。堂は段差のある土地に建築。



3.室生寺 本堂 (鎌倉時代1308年)
近世前半の大規模本堂の代表作として、2004年12月、国宝に指定。

 

 

 

国宝 室生寺リンク

 


室生寺公式ホームページ
室生寺をたずねて(国宝建造物めぐり探訪記)
室生寺五重塔−五重塔めぐり


国宝 室生寺アクセス


奈良県宇陀郡室生村大字室生78
近鉄 室生口大野駅より奈良交通バスで室生寺まで15分
駐車場代500円
入山料 大人600円 (子供400円)

国宝 室生寺の地図

大きな地図で見る

 

 

 


お勧めのガイドブック

 

五木 寛之 ¥ 1,575
写真が美しい。
行ける人も、行けない人も